2014年09月22日

石垣島旅行2014.9 〜2日目〜

2014年9月15日、石垣島2日目の朝です。
てるてるさんのおかげで台風も大陸のほうにそれ、今日も晴天のようです。

76.jpg

ただ、少し風がある(波浪注意報発令中)のが気がかりですが、贅沢はいってられません。
晴れているのが奇跡のようなものです。ありがとう、てるてるさん。

そんな今日は、8時20分にダイビングショップのお迎えがきてくれるということで、7時に起床です。

77.jpg

昨夜、歯磨きもせずに寝ていた ため、とりあえずシャワーと歯磨きをしたところで、昨日コンビニで買った朝食のおにぎりがあることに気づき、おにぎりを食べて、また歯磨きをしました。

78.jpg

「おにささ」が「鬼のようなササミ」なのかどうかわかりませんでしたが、異常なウマさでした。

仕事じゃないと、どうしてこうすっきり目が覚めるのか不思議でなりませんが、準備万端ととのえ、10分前集合でホテルのロビーで待ちました。

しばらく待っていると、とても感じのいいスタッフさん(店長さん)が迎えにきてくれました。

79.jpg

2日間お世話になるのは、「ソリッドクルー」さん。
少人数でファンダイブをおもにされているというサイトを見て決めました。

まずショップに行って、もろもろの段取り等があるのかと思いきや、チョク港でした。

80.jpg

「凪(なぎ)」という美しい名前とフォルムの船。期待がふくらみます。
ウェットスーツをあわせ、レンタル機材(BCDとレギュレータ)を確認すると、もう出発です。

81.jpg

女性のスタッフさんが我々のインストラクターでした。さわやかでパワフルな気持ちのよい方です。

しかし、この日のお客さんは7名。どうもスタッフさんに欠員がでたらしく、たった2人できりもりしなければならないという超ハードな状況でした。

さらにッ!!

今日は北風でうねりが強いので、マンタポイントには近づけない との宣告が。
残念ですが、こればかりはどうにもなりません。晴れているのが奇跡に近いのです。

とりあえず、マンタは明日にして、今日は予行演習という穏やかな気持ちで潜ることにしました。

82.jpg

それにしても気持ちのよい船です。海の男の背中にしびれつつ、風を切って走る船を満喫しました。

83.jpg

「お金持ちになったらクルーザー買おう」と、昨日あたりにきいた夢物語を楽しみながら、西表島のほうへ向かいます。

40分ほど走り、西表島がすぐそこまで近づいてくると、インストラクターのSさんが準備を始めました。

84.jpg

なんと、フィンの下に履いているのは、普通のソックス じゃありませんか!(黙って撮ってスイマセン)
たしかに裸足でフィンを履くのは擦れて痛いよなと思っていました。いいことを教えてもらいました。


さて、まず1本目は、「高那ドロップ」というポイント。我々にとってはようやく16本目のダイブです。

我々以外は、みなさんベテランダイバーっぽかったので、とりあえず最後にエントリー。

85.jpg

深いブルーです。

86.jpg

まるで空を歩いているようなしも子。

しかし、あとで気づいたのですが、デジカメの撮影モードを Pモードの水中モードというよくわからないモードにしていた ため、画質が少々粗いのでご容赦ください。

エントリーしてすぐに、カクレクマノミが出迎えてくれました。

87.jpg

続いて、光が差し込む美しい地形に入り込んでいきます。

88.jpg

すると、とてつもない数のキンメモドキ が群れたくっていました。

89.jpg

おそらく、数万匹(は言い過ぎでしょうか)はいたと思います。

90.jpg

上下左右に群れ群れです。

91.jpg

テンションがMAXになったのか、しも子は光のカーテンの下で真央ちゃんのポーズをやっています。
92.jpg

しかしっ!

そんなしも子にとんでもないトラブルが発生。
なんと、エアーの残圧がいちじるしく少ない という摩訶不思議な恐ろしい事態に。

93.jpg

インストラクターさんのオクトパス(予備の空気)をくわえて浮上していきました。

この時点で、おいちゃんは意味がわからず、ただ眺めていただけしたが、船上でしも子が見せてくれた残圧計は「20」を切っており、ぞっとしました。

しかし、しも子は笑っていました。まあ、なにごともなくてよかったです。

94.jpg

ダイブNo.16 2014.9.15 高那ドロップ
 IN:9:58、OUT:10:46、透明度:20m
 カクレクノミ、キンメモドキ、ウスモモテンジクダイ、スズメダイ、etc


つづいて向かったのは、「座礁船前」というポイント。

たしかに、座礁船が見えていました。

95.jpg

しも子は、おそらくウェイト(重り)が重いのでは、ということになり、ウェイトなしでエントリーすることに。

おいちゃんは、昨年の誕生日に買ってもらったいつものネコ耳付きフードをかぶってエントリー。
カメラマンはしも子に交代しました。

96.jpg

船上が鬼のように暑かったため、あまりの気持ちよさに泳ぐのを忘れていましたが、大きなサンゴを発見し、起き上がります。

傷つけないように気をつけて、水中で空気イスのように尻を浮かせて座ってみました。

97.jpg

そこらじゅうに美しいサンゴが広がっています。

98.jpg

魚もたくさんいましたが、あまりいい写真が撮れず・・・。
このポイントはサンゴに癒されました。

99.jpg

エキジット(水からあがる)のときには、うねりがでてきて、妙な浮遊物がたくさんあらわれました。

100.jpg

ダイブNo.17 2014.9.15 座礁船前
 IN:11:52、OUT:12:39、透明度:15〜20m
 グルクンの群れ、ウメイロモドキ、ハナゴイ、etc



いい感じにおなかが空いたところで、昼食タイム。
ですが、ここでは波が高いので、石垣島のすぐ近くの竹富島付近まで戻り、波の穏やかなところで船をとめます。

船のうえで食べるご飯というのは、なんだかとても贅沢な気がします。

用意をしてくれている船長さん(店長さん)。

101.jpg

なんと、「タコライス」でした。食べる直前に炒めてくれた本場のタコライスです。

102.jpg

絶品のウマさ。
しかし、辛いのが苦手なしも子は完食できず、おいちゃんが1.5人前食べました。

そして3本目は、「ヨナラ水道 小浜西」というポイント。

砂地のきれいなポイントという説明をきき、「ハナヒゲウツボ」のポイントだと知ると、しも子が絶叫!
しも子は、ハナヒゲウツボを見たいとこれまでにさんざん申しており、思わぬサプライズにかなり興奮しています。

エアーがもつか気がかりでしたが、期待を込めてエントリー。

103.jpg

まずは、大量のスズメダイが出迎えてくれました。

そして、「でたーーーッ!ハナヒゲウツボ さん!」

なんともきれいでオーラのある生き物です。

104.jpg

ハナヒゲウツボの幼魚もいました。幼魚は色が真っ黒です。

105.jpg

オニダルマオコゼも隠れていました。

106.jpg

初めてみる魚たちにテンションが上がります。
サンゴもきれいです。

107.jpg

さらに、モンハナシャコにも遭遇。これも初めてのご対面です。

108.jpg

そして、またもトラブルが!
気がつくと、しも子のグローブがひどく汚れていました。

109.jpg

なんの汚れなのか謎でしたが、それでもテンションはMAXのまま。
うれしさのあまり、飛んでいます。

110.jpg

最後に、クロガシラウミヘビにもお目にかかりました。毒があるそうです。

111.jpg

大満足のうちにエキジット。

112.jpg

ダイブNo.18 2014.9.15 ヨナラ水道 小浜西
 IN:15:12、OUT:15:55、透明度:15m
 ハナヒゲウツボ、オニダルマオコゼ、モンハナシャコ、クロガシラウミヘビ、etc



なかなか密度の濃いダイビングを終え、港へと帰ります。
みんな、かなり疲れている様子。

113.jpg

港には台湾の大型船が停泊していました。

114.jpg

上陸まえに今日のポイントをおさらいし、

115.jpg

ショップへと帰ります。(というかこのとき初めて入りました)
中もきれいでおしゃれなショップです。

116.jpg

そして、ログ付け(ログブックにダイビング記録を書き込む)。

店長さんが、前日のポイントを「見ないで〜」といって隠してしまいました。
どうやら前日はマンタポイントに行っていたようです。

117.jpg

マンタは明日に期待しましょう。

そんなこんなで、1日目のダイビングは終了。
ホテルへと送ってもらいました。

そして、さっとシャワーを浴び、夕食へ。

この日は予約を入れていた 石垣牛 のお店 「金牛」さんへ。

118.jpg

疲れた体には牛肉とビールが一番しみこみます。

高まる期待に、でてきたのはものすごくウマそうなお肉。
石垣牛と初対面です。

119.jpg

焼くと、ヤバすぎるほど絵になります。

120.jpg

おそろしいほどの柔らかさとうまさでした。
素材の味がいいので、さらりとした油と舌触りです。

もっとタレに漬け込んで下味をつけておいてくれたらいいなと思ってしまうほどの上品な味でした。
これは、根っからの貧乏性なおいちゃんの意見ですので、参考にはなりません。

ホルモンもいただきます。

121.jpg

疲れていたのか、もくもくと食べるしも子。

122.jpg

さらに、ビビンバもいただきました。

123.jpg

疲れもおなかもピークに達し、ホテルへの戻りました。

長い2日目の終了です。

124.jpg

明日はダイビング2日目。
はたしてマンタに逢えるのでしょうか!?明日も長いブログになりそうです。

posted by おいちゃん at 18:49| Comment(0) | ダイビング旅行【石垣島】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ