2016年10月05日

石垣・西表・竹富島旅行2016 〜道中編〜

秋もすっかり深まり、すっかり遅くなってしまいましたが、2016年夏の旅行記をアップします。
今回の旅行は、二人の大好きな石垣島です。

以前の石垣島旅行 が最高だったので、「そろそろ石垣島行きてー」と、かなり前から決めていました。

ところが、まあ・・・おいちゃん世代には「連休を取る」ってことが、出勤を5分早めるくらいに困難な仕事でございまして、結局 人出もお金もマックスになるお盆のど真ん中 に行くハメに・・・

そりゃもう、通常料金よりちょこっとチケットは高騰していましたし、
ようやくゲットできた航空券は午後4時の便で、
到着は夜の9時かー。1日目は何もできんなー。
って感じです。

が、しかしっ!
そんなことは取るに足らない問題なのです。
なぜなら、お盆は台風が来ないからです。不思議と沖縄に直撃しないんです。だからお盆に行くんです。

で・・・いつものように、あれよあれよと出発日になり、制定されたばかりの山の日(8月11日)に出発しました。
今回も神戸空港からベイシャトルで関空へシュッと。

1243.jpg

道中、街灯に鳥が一羽ずつとまっていたので、もうここで、すかさずシャッター切り。
都会暮らしの鳥って感じで、胸がキュンとしますな。
すぐに神戸空港とベイシャトル乗り場が見えてきます。

1244.jpg

まぁ、わかりきっていましたが、第一駐車場には停められず。いよいよ初めて第3だか第4だかの砂利の駐車場に案内されました。

とりあえず先に、しも子と荷物を降ろし、おいちゃんが車を停めて歩いて行くころには、しも子がチケットを買っておいてくれました。
どうも10周年だったらしいです。チョット期待したけど、なにも起こらず。安くなるとか・・・

それにしても、この時間のシャトルにしては、わらわら人がおられまして、混雑ぶりはハンパない感じ。
そんな中でただ一人、すでにネックピローを装着し、寝る準備万端のしも子さん。
係員さんも苦笑い

1245.jpg

いざ、遅めの出航。

1246.jpg

ズンズン走って、30分程度で関空に到着。
船着き場から、第一ターミナルまで送迎バスで。

1247.jpg

普段からノートパソコンより重たいものを運ばないので、いの一番にゴロゴロに荷物を載せます。

1248.jpg

入ったところは国際線ターミナル。
こりゃやべぇ、マジ人多い。って図です。

1249.jpg

とりあえず、チェックインして荷物を預けねば。
座席確保ができていないツアーだったので、自動受付機でもたついていると、カウンターのお姉さんが「こっちへいらっしゃい」と、助けてくれました。

1250.jpg

当然ながら那覇で乗り継ぎ。心配していた並び席も、うまいこと確保できました。

1251.jpg

じつは、この座席確保のためだけに早めにやってきたので、この時点で、めちゃくちゃヒマになりました。
とりあえず、かたっぱしから顔ハメに参加してみましたが、めちゃくちゃヒマでした。

1252.jpg

あまりにもヒマなので、フードコートで行列に並んでみました。
時刻はお昼の真っ盛り。その昔、サッカーの遠藤選手が入っていくのを見かけた、うどん屋さんの最後尾に付けてみました。

1253.jpg

ここでけっこう時間つぶしできるなー、有名人いねーかなー、などと思っているうちに、気がつくと着席していました。
ポケモン一匹捕まえるヒマもありません。うどん屋さんなので、皆さんツルっと食べて出て行かれるのか、異常な回転率でした。

気持ちを切り替え、とにかく最初の一杯をグイッと。

1254.jpg

あー、ビールうま。
まじうま。でも、うどんとビールの組み合わせが微妙・・・いきなり日本酒じゃベロベロになるし・・・

と思って、総合的に考えた結果、うな重セットを頼んでみました。
これをゆっくり時間をかけて食べます。

1255.jpg

並んでいる方たちには非常に申し訳ない気持ちでしたが、おかげでわずかに時間を浪費できました。

そして、お腹がいっぱいになると、チョット横になりたい気分になります。
ベンチに寝そべり返るのもザマが悪い(みっともない)ので、ラウンジに突撃してみることにしました。

1256.jpg

FIFAランクで言うと、日本レベルのカードしかもっていない我々には、ラウンジは未知の世界。セレブの世界です。
そもそも、入り方も知らないので、ここは無難に誰でも利用できるっぽいラウンジっぽいところへ。

1257.jpg

「個室はいっぱいでございます。イスなら空いておりますが」

と、サラリと言われ、どう答えたらいいの・・・?イスじゃ寝れんよな・・・?座るだけでゼニかかるし・・・
一瞬のうちに頭はフル回転。こういう時、体のケアのために、お金をかけてでも静かに休もう。などという発想は生まれません。ここがセレブとの違いでしょう。

「じゃ、結構です」

何気に上から言って出てしまいました

で・・・結局、手荷物検査を受けて搭乗口で待つことに。
持ち込みできるサイズと同じくらいの大きさの子どもが唯一心をなごませてくれました。

1258.jpg

そりゃ、搭乗口のあたりは人が少なめでした。

1259.jpg

ここぞとばかりに、庶民のマッサージチェアでダラ〜っと。

1260.jpg

そして、考えるのをやめて寝ました。

1261.jpg

このままずーっとここで過ごし、2時間 ほど待って、ようやく待ちに待った出発時刻に。
トータルで4時間ほど待ちました。もう、尻とか腸骨のあたりに褥瘡(床ずれ)ができる寸前の状態でした。

1262.jpg

完全にこの日は移動日で終わってしまいます。それでも、テイクオフはウキウキしてきますね。

1263.jpg

すでに空が赤くなっていました。ものすごく贅沢な時間の使い方をした気分でした。

1264.jpg

やがて、尻がMAXに痛みだしたころ、那覇空港に到着。

1265.jpg

こっちは少し日が長いみたいですが、すっかり夕方の日差しです。

1266.jpg

で、石垣島行きの便まで、また1時間ほどの待ち。
もう、横になりたいとかそんな気分ではなく、逆に動きたい。どちらかというと走りたい!
そんな気分でしたが、外に出ていく時間もなく、待ち合いで夕食をとるしかありませんでした。

1267.jpg

基本的にお腹がすいていないので、焼きそばを買ってちびちび食べました。

ところが、この焼きそば。沖縄風というか、普段食べる焼きそばとちょっと違う味で、なかなかイケました(笑)
これまで焼肉の味には痛感してきましたが、焼きそばにも地の味があるみたいです。

1268.jpg

食後のソフトクリーム(紅イモ)を食べ終えるころには、ようやく石垣島へ出航です。

1269.jpg

かなり空が染まってきました。7時過ぎでもかなり明るいです。

1270.jpg

機長と副機長が手を振ってくれました。
さすがANAのパイロット。なんて頼もしい。

1271.jpg

最終の石垣島便は、ビッチリの満席。

1272.jpg

とりあえず今日は移動日なので、ひたすら眠りに努力します。尻はもう破けそうです。

1273.jpg

約45分のフライトで、やっと待ち焦がれた石垣島に到着。
具志堅さんも苦笑いしています。

1274.jpg

皆さん、お疲れの様子が背中からビンビン伝わってきます。
しかし、ここはもうテンション上げてきましょう!

1275.jpg

店が閉まってる・・・
人っ子ひとりいない・・・

うそでしょう?わしら最終便の客やぞ。

聴こえてくるのは、ガードマンさんの足音のみ・・・

わしら最終便(満席)のお客様やぞ!

心の声もむなしく、まさかの全店クローズド。
これが南国時間でしょうか?陸の孤島に乗客全員が取り残されてしまったのです。

時刻は午後9時前でしたが、まさか最終便がやってくる前に閉まっているとは思いませんがナ。
まぁ、それでもせめてタクシーくらいは待ってるだろうと外に出てみると・・・

1276.jpg

難民と化した同志たちの長蛇の列。

うわーまた待ちかよー。
そう思ったとき、どこからともなく係りの人がやってきました。

「タクシーはもういません」

タタタタ・・・(それだけ告げて帰っていく)

しばらくの重い沈黙。
「いやいや、そんなご冗談を」
誰もが心の中で突っ込みを入れていた違いありません。

じゃあ、どうやってここから出たらエエんすか?歩けと?

ざわざわ とした空気が広がりはじめ、オロオロしていると、そのうちにどこからともなく、ナゾの紙切れ が出回りはじめました。

1277.jpg

リアルにドラクエをしている気分でした。
リアルにレアアイテムをゲットしたのです。

タクシー会社の電話番号一覧表

やったー!ここから出られる!

頭の中で効果音が鳴りました。みんなとの一体感も生まれました。
いや、まぁ、そこまで緊迫した状況ではないですよ。じつのところ、まだ、最終のバス が残っていたわけですからね。
しかし、またさらに45分ほど待つのです。もういい加減待ちたくないのです。待つのは疲れたんです。許してください。

もう、タクシーでッ!

という心の声に身を任せ、一覧表の番号に電話。

「40分ほどかかりますがのぅ」

「・・・・・・」

「結構です」

一瞬でバスに決定しました。

こうなったら、もう開き直るしかありません。しも子は、前回もやっていた浅田真央ちゃんのポーズ で気分をアゲにかかりました。

1278.jpg

おいちゃんは、ポケモンを。
ちょうどバトル場があったので、この時に最強だった ゴルバット を初めてバトルさせてみました。

1280.jpg

そうこうしているうちに、意外と時間を忘れており、バスの時間がやってきました。
「もう来たの?」的な感じでした。

1279.jpg

タクシーをあきらめた同志たちが、ぞろぞろと乗り込んでいきます。

1281.jpg

外国人の方や、明らかに旅行慣れしている方などもいて、バスもなかなか面白いですね。

1282.jpg

同士たちでほぼ満席でしたが、地元のおじさんなんかも乗ってきて、30分ほど行くと市街地へ。
ホテルのすぐそばにバス停があり、ラッキーでした。

でも、どしゃぶりの雨 でした。(写真では見えませんが)

1283.jpg

今回もお世話になる ベルハーモニー石垣島 さん。
以前も泊まったいいホテルです。ただ、めちゃくちゃ疲れました。

1284.jpg

びしょびしょのままチェックイン。
しかしここで、 思いもよらぬいいこと が起こるのですが、それは、もうちょっとあとで。

1285.jpg

まずは、お部屋へ。

1286.jpg

前回と若干間取りの違う部屋でしたが、懐かしいようなそんな気持ちがこみ上げてきました。

1287.jpg

広いベランダもあるので、ダイビンググッズを干すのに重宝します。
部屋も広くて、長期滞在も可能なグッズがそろっています。

1288.jpg

それなのに、今回は・・・長期滞在をあきらめました。
なぜなら、こんな↓特典がついていたからです。

1289.jpg

つまり、これが「いいこと」なわけですが・・・なんとっ!
竹富島の系列ホテルに一泊できる という特典がついていたのです

こっち(石垣島)で食事の予約(焼き肉)などをしていましたが、そんなもん・・・そっちに行くに決まってるじゃありませんか。
申し訳ないですが。ホントに。竹富島に泊まれるんですよ。星のやリゾートで有名な。

いや〜、もう実際、どんな初日やねんと思うこと多々ありましたが、最後の最後で、すばらしい気分にさせていただきました。
これはこれはと、晩酌の一杯を買いに、近くのコンビニへも行きますわ。

1290.jpg

当然、どしゃぶり でしたが、いろいろ買い込んで部屋飲み。

1292.jpg

が・・・疲れのせいか、一瞬でダウンしていました。

1291.jpg

明日はさっそくダイビング。いい天気になりますように、ということで。
やはり、なにかが起こりそうな今回の石垣島。ダイビング編に続きます。


posted by おいちゃん at 18:42| Comment(0) | ダイビング旅行【石垣島】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ